中国茶芸・評茶資格講座

 

中国茶の種類、淹れ方など基礎的な知識から産地や時期によるお茶の違い、自分の思いを伝えるための茶席セッティングなどを段階的に学んでいきます。各段階で、中国で行われる資格試験への参加もサポートします。

 

中国茶芸師・中国評茶師

とは

中国政府公認の国家資格の一種で

茶芸師

1.初級茶芸師(国家職業資格五級)

2.中級茶芸師(国家職業資格四級)

3.高級茶芸師(国家職業資格三級)

4.技師(国家職業資格二級)

5.高級技師(国家職業資格一級)

 

の五つの段階

 

評茶師

ワインに例えると「ソムリエ」といった資格で

 

1.初級評茶員(国家職業資格五級)

2.中級評茶員(国家職業資格四級)

3.高級評茶員(国家職業資格三級)

4.評茶師(国家職業資格二級)

5.高級評茶師(国家職業資格一級)

 

に分かれています。

中国はお茶の一大生産地であり、一大消費地でもあります。茶館やホテル、茶葉販売店、茶葉貿易会社などで働く際、これらの資格を有しているかどうかで、その技能、知識、おもてなしの心、そして意欲を計ることができますので、茶産業に携わる多くの方がこの資格修得を目指し、学ばれています。

 

また、最近では、自分のサロンでお茶好きと様々なお茶について語らいたいという純粋な趣味として資格試験の学習に取り組まれる方も多く見られます。理論試験と実技試験がある点で、その趣味を深め、新しい自分と出会うきっかけとして利用するというのも、現代の中国のライフスタイルに合っているのかもしれません。

日本で中国茶を学ばれる場合も中国茶が好きだ、日本茶とどう違うのか知りたい、中国の文化が好きだ、うちのレストランで中国茶を提供してみたい、中国茶屋さんを開きたいなど様々な気持ちでスタートが出来るように、まずは日本でゆっくり中国茶に触れてから、中国での資格修得を目指されると良いのではないかと思います。

 

暗香庵では、まず、中国茶・台湾茶を飲みながら、その味にも一煎目、二煎目‥‥‥数煎目と変化があることを知っていただけるように「意識して飲む」というテイスティングの導入を簡単な茶会風に体験して頂ける準備をしております。お気軽にお立ち寄りください。

 

中国茶・台湾茶などテイスティング体験
営業日営業時間内随時行っておりますが、その他体験も行っておりますので、事前にお問い合わせ頂けますと幸いです。
中国茶芸・評茶資格講座

開講につきましては、随時お知らせいたします。

お茶にまつわる講座・特別講座

>>CLICK HERE

 

ADRESS   〒6038216 京都府京都市北区紫野門前町63

PHONE     075-204- 8211
MAIL     cj2sakamoon@gmail.com